KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER

小諸市役所+こもろプラザ(小諸市立図書館・市民交流センター)[, / 2016]

SDA賞 入選
日本図書館協会 建築賞

用途  :市役所+図書館+市民センター
場所  :長野県小諸市
敷地面積:8624.79㎡
建築面積:6609.03㎡
延床面積:19945.44㎡
階数  :地下4階 地上2階建て

建築設計:石本・東浜設計共同企業体
サイン計画・家具デザイン:テラダデザイン

写真:大森有起

小諸市役所、こもろプラザ(図書館+市民交流センター)、病院(17年竣工予定)からなる複合施設のサイン、グラフィック、家具デザインを担当。
主要施設を中心市街地に集約する「コンパクトシティ構想」の核となる本施設において、地域との「つながり」を意識し、市民参加型の施設づくりを求められました。構想初期段階から竣工時のイベントまで、数多くの市民ワークショップを行いながら、庁舎や図書館のあり方、具体的な運営や使い方、子どもたちとの恊働によるグラフィック作成など、多岐にわたって、地域の方々と共に、議論しながら施設づくりを行いました。

デザイン:
小諸市は、「梅」とゆかりが深く、小諸市章にも梅のイメージが使用され、5村が小諸町を中心に融和し、合併により市となった姿を表しています。この「梅」の5枚の花びらをシンプルな一枚の花びらの形状に分解し、施設のシンボルマークやピクトグラムなどのグラフィックから、図書館の閲覧テーブルやベンチなどの家具や間仕切りのカーテンやガラスファサードに至るまで、施設全体のキーグラフィックとして展開しました。
このシンプルな形状の花びらは、梅の一部であるとともに、「つながり」ながら、色々な形状に変化します。市民ワークショップでは、地元の子どもたちに、「私の大好きな小諸」をテーマにこの花びらをつないだり、並べたりしながら、子どもたちと協働でグラフィックを作成し、インテリアグラフィックとして作品を図書館内に掲載しました。
この「梅」の花びらが、地域の「つながり」の一部となり、地域の方々が長く愛着がわくようなグラフィックを目指しました。また、図書館では、「ブックエンド」に見立てた書架のサインパネルを林立させ、地域の木材でインテリアから家具、サイン全体を構成し、機能的でありながら、あたたかみがあって、居心地がよく、地域の老若男女、誰もが利用しやすいイメージとしました。

KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER
KOMORO CITY OFFICE + KOMORO CITY LIBRARY + CITY COMMUNITY CENTER